はじめに。悩める飼い主さんへ

多頭飼いをはじめたその日から、犬たちの不仲に振り回され、あれよあれよというまに気分はどん底に。
楽しい2匹飼いの日々を単純に夢見ていたわたしが、あろうことか「犬ノイローゼ」に!

****************

えー、晴れたら川へお散歩に。から来ていただきましたか?
おなじみのKAOでございます。どーもー(笑)。

●実は、こんなことがありました

今でこそ、でこぼこ犬コンビとのんきな日々を過ごしていますが、5年前、亜花(妹犬)を迎えた頃は、重度の「飼育ノイローゼ」にかかってしまい、精神的に大変な日々を送っていました。

今、「晴れたら・・・」でコツコツ脱力ブログをやっておりますと、中には「犬ノイローゼ」で検索してくださるかたもいらっしゃいます。 何名かのかたには直接、多頭飼いの悩みを打ち明けられました。
多頭飼い体験は本来とても素晴らしいことだと思うのですが、だからといって簡単なことではありません。
相手は言葉の通じない犬。思いがけないハプニングや、様々な困難があるかもしれません。

わたしは当初、あまり深く考えずに2匹目を迎えてしまいました。そして迎えたその日から、激しく後悔するハメに陥りました。

多頭飼いによるノイローゼは大変に苦しいものだということを体験上、わたしは知っています。

悩んでいた当初は、ドッグトレーナーさんにアドバイスをしていただいたこともありましたが(行政で犬の飼育相談窓口があった)何を聞いてもピンとくるようなお話は聞けませんでした。
・・・とまぁ、わたしは当時思いましたが、時には専門家のアドバイスが必要な場合もあるでしょうね。ケースバイケースです。

一番苦しいときにわたしが心の支えにしていたもの、それは専門家のアドバイスでも育児書(犬の)でもありませんでした。
わたしと同じ経験をしたことのあるかたのブログ(体験談)を読んだり、直接アドバイスを請うて、慰められたり励まされたりすること。
それに尽きたような気がします。
結局は自分と同じ体験をして、多頭飼いに成功したかたのお話が、一番心に響いたような気がしています。

わたしがそうであったので、ここを読んで「よし!頑張ろう!」と思っていただけるようにと願って、このブログを立ち上げました。

わたしは、もちろん犬の専門家でもなんでもありません。
ですからここをご覧になっても、多頭飼いの指南やアドバイスにはまったくならないはずです。また、うちの犬のパターンがよそのお宅のワンちゃんに当てはまるとも限りません。

ですから、これを読んでも「参考になるか?」は正直わからないのです。
あるのは、わたしのうちがこうであった、という事実のみです。

画像

ここを訪れてくださった「多頭飼いで悩めるひと」が、辛い日々を乗り越える力になってもらえるよう、なるべく具体的に経過を記すつもりです。
ただ、ひんぱんに記事を挙げることはできないと思います。“表ブログ”「晴れたら・・・」の頻度ではまずムリじゃろ、と思いましたので、少しずつ書いてゆければと思います。
・・・だいたい、「晴れたら・・・」は脱力系のんきブログですしねぇ(自覚症状はあり)、アップもそれほど手間ではないのですからして。

みなさんのお宅のワンちゃんが楽しくにこにこ顔で暮らせるよう、なによりも飼い主さん自身が、多頭飼いを楽しめる日が来ることを心から祈っています。

わたしにも、心の底から「2匹いてよかった。亜花がうちの子でよかった。」と思える日がきました。
つらい日々はきっとそう長くつづきませんよ。がんばれ!



*関連記事   「犬ノイローゼ」・・・ 晴れたら川へお散歩に。


この記事へのコメント

y.r
2017年05月28日 16:05
初めまして!
今現在多頭飼いを始めたばかりで毎日涙涙してる者です…
先住犬に申し訳ない気持ちしかなくて、後から来た子を可愛いと思えなくなってきてしまいました。
私が気にしても仕方ないのに、いっそのこと後から来た子をしっかり可愛がってくれる人に託した方がいいのではと考えるようにもなっています。多頭飼いっていいことばかり目にして、悪いことは金銭的なことや手間が倍になるってことばかりで、自分だけどこか欠けているのではって本当に負のループに陥ります。

うちの子達も、由々ちゃん亜花ちゃんのようになれるのか…不安で押し潰されそうな毎日です。
2017年06月13日 10:29
y.rさんへ こんにちは、初めまして!
こちらにメッセージ入れていただいたんですね、お返事が遅れて申し訳ありません。
毎日泣いていますか? わたしと同じですね~、お気持ちは痛いほどわかります。
後から来た子を可愛いと思えないのは当たり前ですよ。
だって先住犬とのきずなや歴史を考えたら、急に来た「獣のコ」であるチビちゃんに最初から愛情持つのは無理ですもの。1匹だって仔犬は手がかかるのに、ね。
y.rさんの精神面が気がかりです。
大丈夫ですか?頑張れそう?

犬種や年齢差や細かい情報がわからないので何とも言えませんが、たいがいのことは飼い主の思い込みが多いです。
頑張れそうならもう少し踏んばって、ダメそうならいつでも気軽にコメントくださいね。
ではでは。

この記事へのトラックバック