亜花のしつけメモ

・・・なんと一ヶ月も空いてしましました・・・。あやうくスポンサーサイトにトップページを乗っ取られるところでしたよ。
お久しぶりです、お元気でしょうか(汗)。

本日は視点を少し変えまして、その後の亜花のしつけのお話です。

ようやく由々と亜花の状況が穏やかになってきて、神経質になっていたわたしの気持ちもようやく落ちつき、やれやれとなりました。
今まではとにかく何をするにもどこへゆくにも気を引き締め、緊張の連続でしたので、一気に気持ちが緩んでしまいました。

当面は「子犬のしつけ?どーだっていいやぁ~」と自分でもびっくりするくらい、久しぶりのゆるゆる感を満喫し、しかしそのうち、「そうも言っていられないな・・・」と、ここへきてようやく本来の、子犬の飼育に目が向くようになったのでした。

画像

1月23日の日記に亜花の状況が記されています。主な事柄は、

●ホームセンターのショッピングカート内でのおもらし(先述したとおり)に悩む。

これは本当に困りました。他のわんちゃんにも迷惑がかかる(カートを汚す)行為です。結局、この後も5~6回ほどもらしまして、トイレットペーパーのロールを丸ごと持参してカートに乗せていました。
結果的にはその後まったくやらなくなりました。多分、車を降りたら排泄するクセがついたため、カート内でしなくても済むようになったことが大きいと思います。

●なんにでも噛みつく行為が復活した・・・らしい。

うーん、そうだったかなぁ?(失念)ですが、叱るとすぐにやめる、と書いてあります。ゴミ箱を地べたにおいても大丈夫になった、とあるので、そうたいした問題ではなかったような・・・忘れているくらいですからねぇ。

画像

●有料ドッグランにたびたび連れて行くようになった

由々が他の犬に無関心になったことで、ドッグランへ連れて行けるようになりました。これはうれしい「亜花効果」でした。
ただ、このころ亜花はまだ、他の飼い主さんがおやつなどを持っていると、自分もおやつ欲しさにくっついて行ってしまう子でした。今では他人のおやつにはまったく無関心で、おすそわけされてもよそさまの手からは上手にいただけない子になっています。(やりすぎたかも・・・)

画像

このころはまだ当然、2匹の「ガウガウ」(小競り合い)は毎日続いていました。しかし5分後にはベランダに揃って出て、背中合わせになってひなたぼっこをしたり、という一進一退の攻防が続いていました。
その状況を(以前とは異なり)客観的に見守っていられるようになったわたしがいました。

画像

2月2日、とうとうついに、亜花の噛みつき防止策として部屋中を養生していた材をすべて撤去するに至りました。
9月に亜花が来て以来約5ヶ月。亜花は7ヶ月齢になろうとしていました。早いと言えば早い、長かったといえば長かった、養生材グルグル巻きの「イケてない」部屋もすっきりと片付きました。

このあたりで、亜花の子犬育て、由々との関係づけもようやくひと山超えた、と実感したものでした。

画像

次に目論んだのは、ドッグカフェデビューでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック